結婚式の二次会プランナー・幹事代行はお任せ下さい

メイン画像

自然な笑顔が溢れる二次会。アットホームなパーティーはレリッシュにおまかせください。
HOME >>結婚式二次会コラム >>新郎新婦が遅れるときに行う5つの事。

新郎新婦が遅れるときに行う5つの事。

結婚式二次会で新郎新婦が遅れる事はよくあります

結婚式二次会で新郎新婦の到着が遅れる事はよくあります。
披露宴が長引いたり、身支度に時間がかかったり、道が混んでいて移動が長引いたり。
遅れてしまう理由は様々です。

そんなとき、2次会レリッシュのプランナーが実際に行っている対処法を5つご紹介します。

1.ドリンクだけでなく料理もスタートする

新郎新婦が10分以上遅れそうな場合は、ドリンクはもちろん、料理もスタートします。
ゲストに食べながら新郎新婦を待ってもらうわけです。

先に料理を取っておいてもらう事で、後の歓談時間を会話や写真撮影に費やしてもらえる効果もあります。
ビュッフェスタイルの多い結婚式二次会では、ゲストが料理を取るのにも結構、時間がかかりますからね。

2.DVDを上映する

プロフィールDVDや当日の挙式映像DVDなどを上映します。
もちろん、もともと予定がある場合に限ります。
DVDなどの映像上映は新郎新婦がいなくても楽しんでもらえます。
また、運営の面からみても、元々予定されていた進行を前倒すことになるので、その分時間を有効利用でき、他の進行を削らなくてすむというメリットもあります。

3.ゲームのルール説明を先にしておく

ルール説明が必要なゲームを行う場合は、先にルール説明をしてしまいます。
先にルールを説明しておけば、後からゲームを行う際もスムーズに始める事ができ、時間を節約できます。
節約できる時間はものの5分くらいですが、新郎新婦が20~30分遅れる場合、その5分がとても大きかったりします。

4.ゲストの写真を撮る

カメラマンがいる場合はゲストの写真を撮って周ります。
ハートマークを手で作ってもらったり、乾杯してる様子とか、ちょっと面白い写真を撮ったりします。
そういった写真を撮っておけば、あとで新郎新婦が
「待たせちゃった間も楽しんでくれてたんだ」
と、安心してもらえるかなと。
遅れて一番気に病むのは新郎新婦お二人ですからね。

5.省く進行内容を見極める

20分、30分と新郎新婦の到着が大幅に遅れる場合、いろいろ工夫をしてもやっぱり時間は足りなくなります。
そうなると予定されていた進行を省かざるを得ません。
どの進行内容を省くのか?省いてはいけない進行内容はどれなのか?
適切に見極めて、その場で進行表を作り直していきます。

いざ進行を省かなければならないときは、決断にエネルギーを使います。
その時々の状況の中で、ベストな決断を下せるよう、経験を積みつつシミュレーションも行っています。

まとめ

多かれ少なかれ結婚式二次会の当日、新郎新婦の到着は遅れてしまうもの。
そんなときは新郎新婦と連絡を取りながら、どのくらい遅れそうなのか?
まずは遅れる時間を正確に把握し、出来る事をやっておきます。
新郎新婦がいない間も、ゲストに楽しんでもらえるように、新郎新婦が遅れる事を気に病む事ないように。
出来る事はいろいろとあるものです。


ページの先頭に戻る