結婚式の二次会プランナー・幹事代行はお任せ下さい

メイン画像

自然な笑顔が溢れる二次会。アットホームなパーティーはレリッシュにおまかせください。
HOME >>結婚式二次会コラム >>披露宴から結婚式二次会まで2時間空ける3つの理由。

披露宴から結婚式二次会まで2時間空ける3つの理由。

新郎新婦の悩みどころ。結婚式二次会は何時から?

新郎新婦からよく頂く質問の一つに、
「結婚式二次会は何時スタートにすれば良いですか?」
というものがあります。
披露宴のお開きからどのくらい時間を空けてスタートするものなのか、いざ考えてみると悩みどころですよね。

結論から言ってしまえば、、、
目安は2時間です。
披露宴のお開きから2時間後に結婚式二次会をスタートするのが良いとされています。

披露宴会場と結婚式二次会の会場がすごく近いとか、
時間が遅いので新郎新婦が遅れる事を覚悟して時間を早めるとか、
状況によって2時間というのは前後して宜しいかと思います。

さて、なぜ2時間が目安になるのか?
その3つの理由を挙げさせて頂きます。

理由その1 披露宴のお見送りに時間がかかる

披露宴がお開きとなった後、新郎新婦は列席者のお見送りをします。
お見送りは意外と時間がかかります。
大体30分程かかると見ておいた方が良いです。
その後に新郎新婦の写真撮影なども予定されている場合は更に時間がかかってきます。

理由その2 新郎新婦の身支度に時間がかかる

新郎新婦が控え室に戻ってから結婚式二次会の会場に向かうまで、なんだかんだで30分ほどかかります。
披露宴会場の方から持って帰る荷物の説明を受けたり、身の回りの荷物を片付けたり。
なんだかんだ結構時間がかかるのです。
結婚式二次会用にドレスを着替えたり、ヘアチェンジをしたりする場合は更に余裕を持って時間を考えておきましょう。

理由その3 披露宴の進行は予定より長引く事が多い

予定より披露宴の進行が押してしまい、お開きの時刻が遅れてしまうことがよくあります。
その披露宴の後、同じ会場で別の披露宴がある場合は会場の方も急ぎますが、そうでない場合は10分以上、長いと30分以上、披露宴が長引く事があります。
特に、ご来賓のご挨拶が多かったり、ご友人の余興が複数あったり、時間の読みにくい進行が盛りだくさんの場合は長引く可能性が大きいです。

このような3つの理由に加えて、結婚式二次会会場までの移動時間も考えねばなりません。
そうなると、余裕を見て2時間程空けておくのが良い、となるわけです。

幹事の気持ち

また、幹事をお願いしている友人が披露宴にも出席している場合、その点も考慮しましょう。
披露宴から結婚式二次会までの時間が短いと、幹事の方はかなり焦ります。
急いで移動して、すぐに準備開始!
時間的に問題なくても、精神的に焦ってしまい、バタバタしがちです。
幹事の視点からも、余裕を見た時間を設定しましょう。

まとめ

披露宴から結婚式二次会までは2時間空ける!
これを目安として結婚式二次会の開宴時刻を考えてみて下さい。


ページの先頭に戻る