結婚式の二次会プランナー・幹事代行はお任せ下さい

メイン画像

自然な笑顔が溢れる二次会。アットホームなパーティーはレリッシュにおまかせください。
HOME >>結婚式二次会コラム >>プロフィールDVDの写真選びに役立つ5つのコツ。

プロフィールDVDの写真選びに役立つ5つのコツ。

悩ましいプロフィールDVDの写真選び

結婚式ですっかり定番となったプロフィールDVDの上映。
見ている方も楽しくて、新郎新婦の事をより良く知れる素敵な演出ですよね。

そんなプロフィールDVDに使用する写真選び。
難しいですよね。
たくさんの思い出深い写真の中から限られた枚数を選ぶのは、そりゃ難しいです。

今回はそんなプロフィールDVDの写真選びで役立つ5つのコツをご紹介します。
しっかり読んで、写真選びに役立ててみて下さい。

1.横向きの写真を選ぶ

写真には横向きの写真と縦向きの写真がありますよね。
プロフィールDVDに向いているのはどっちの写真でしょう?
答えはズバリ!横向きの写真です。

プロフィールDVDの縦横比は、プロジェクターやモニターの比率に合わせて4:3もしくは16:9になります。
そう、横長の映像になるんです。
その為、縦長の写真の場合は写真自体が小さく表示される事になります。

せっかくの写真ですから出来るだけ大きく映したいですよね。
その為にもなるべく横向きの写真を選ぶようにしましょう。

2.明るく写っている写真を選ぶ

明るく写った写真を選びましょう。
一見、当たり前のようですが、暗い写真を選ぶ方って意外と多いんです。

「綺麗な景色だから」と選んだ写真が逆光で、顔が真っ暗…。
室内で撮った写真が全体的に暗すぎたり…。

思い入れがあると、つい写り自体は気にせずに選んでしまうものです。
とはいえ、せっかくの写真もちゃんと見えなければ意味が薄れてしまいます。
なるべくなら、明るくはっきり写った写真を選びましょう。

3.人の周囲にスペースのある写真を選ぶ

プロフィールDVDにはズームにしたり、横に動かしていったりと、写真に動きを付けます。
なので、アップ過ぎる写真だったり、端まで人が写っている写真は扱いにくいものです。
場合によっては人が見えなくなってしまうようにせざるを得ない場合も出てきます。

写っている人の上下左右に程良くスペースのある写真を選びましょう。

4. 集合写真やグループ写真は避ける

集合写真や大勢でのグループ写真を選ぶ方も多くいます。
学生時代の思い出となると、よりそういった写真を選びたくなりますよね。
でも、そういった写真はなるべく選ばない方が無難です。

一枚の写真が映っている時間はおおよそ5~6秒です。
大勢の人が映っている中から、その5~6秒の間に新郎もしくは新婦を探し出すのは至難の業です。
写真を見るだけでなくコメントも読むわけですから。

もちろん、「こんな仲間達がいます」など、しっかりとした意図を持って集合写真などを選ぶのはOKです。
とは言えそれも枚数が多すぎると、見ている人が疲れてしまうので多用は禁物。

なるべくなら見てすぐに新郎新婦がどこに写っているかわかる写真を選びましょう。

5. コメントを決めてから写真を選ぶ

プロフィールDVDは写真と共にコメントが出します。
コメントを写真を選ぶ前に決めてしまい、そのコメントに合わせて写真を選んでいくのもおすすめです。

先にコメントを選ぶと写真を選びやすくなりますし、各コメント間に繋がりが出てストーリー性も出てきます。

何から手を付けて良いかわからない…、
そんなときはまずコメントを決めて、それに合った写真を選んでみましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
使いたい写真がたくさんあって迷う場合は、上記の点を意識して、写真を選んでみて下さい。
プロフィールDVDの目的が「ゲストに新郎新婦の事を紹介する」ということを忘れてはいけません。
単に見せたい写真を選ぶのではなく、「自分達の事を知ってもらえる写真はどれか」を考えながら選びましょう。


ページの先頭に戻る