結婚式の二次会プランナー・幹事代行はお任せ下さい

メイン画像

自然な笑顔が溢れる二次会。アットホームなパーティーはレリッシュにおまかせください。
HOME >>結婚式二次会コラム >>結婚式二次会会場選び。予約前に確認すべき7つのポイント。

結婚式二次会会場選び。予約前に確認すべき7つのポイント。

結婚式二次会において会場選びは重要

結婚式二次会で最重要項目の一つが会場選びです。
とは言え、どの会場を選べば良いのか、わからない新郎新婦も多いのではないでしょうか?
雰囲気だけで選んだら大失敗だった…。
そんな声をよく聞きます。
お金にも内容にも直結してくる会場なので、これからお伝えするチェックポイントを抑えて、より良い会場を選んで下さい。

ポイント1 コース料金

まずはゲスト一人あたりのコース料金を確認しましょう。
コース料金そのものが高い場合、ゲストの会費が高くなるか、新郎新婦の負担金が増えるかのどちらかになります。
想定するゲストの会費から2,500円を引いた額が適正なコース料金となります。

例えば会費を男性8,000円、女性7,000円とする場合、平均値は7,500円です。 そこから2,500円を引いた5,000円がコース料金の目安となります。

ゲスト会費から予算に会うコース料金の会場かどうかを判断しましょう。

ポイント2 貸切最低保証金

貸切最低保証金。
レストランなどを貸切予約した事ない方には耳慣れない言葉かと思います。

最低保証金はよく内金と混同されますがそうではなく、
「会場を貸切った際に支払う金額が越えなければいけない金額」
の事を指します。
言い換えれば、会場にとっての『売上げ保証金』と言えます。

例えば、コース料金が5,000円、貸切最低保証金30万円の会場があった場合で考えます。
支払い額が30万円になる為には、30万円÷5,000円=60なので、60名分の支払いでクリアとなります。
もちろん、60名ぴったりでなく、70名分35万円、80名分40万円でも、クリアです。

もしコース料金が他より低い金額設定の会場があったとしても、貸切最低保証金が他より高い会場だった場合、結局支払う金額が増える場合もあります。 コース料金だけでなく貸切最低保証金もしっかりチェックしましょう。

ポイント3 当日人数増減時の計算

もう一つ料金のお話しです。
結婚式二次会の予算に大きく関わってくるのがこの「当日人数増減時の計算」です。

会場によって異なりますが、大体の会場は1週間前くらいに人数を確定します。
でも、結婚式二次会は多くの場合、当日の出席者は増減します。
「当日人数増減時の計算」は、確定人数の増減があった場合、総額がどのように計算されるのか?
というものです。

実際、どのように計算されるかは、会場によって異なります。
確定人数より減った場合、
・確定人数分のコース料金を取る会場
・お料理は確定人数分、ドリンクは当日人数分の会場
・当日人数分のコース料金で良い会場
などのパターンがあります。

増えた場合も、 ・当日人数分のコース料金を取る会場
・増えた人数分はドリンク代だけで良い会場
・増えた5名分だけドリンク代で残りはコース料金分の会場
など、こちらも色々なパターンがあります。

増えた人数はドリンク代だけで良い場合、確定人数を少な目に報告する事で、結果的に一人辺りの飲食費を減らす事ができます。
結婚式二次会全体の予算にも関わってきますので、この点も事前に確認しておきましょう。

ポイント4 広さ

結婚式二次会をゲストに楽しんでもらう為に、会場の広さは重要なポイントです。
広さに対して人数が多すぎると、身動きも取れなければ、飲食もしにくく、不快な気持ちにさせてしまいます。
逆に、人数に対して広すぎると、なんだか寂しい雰囲気になってしまったりします。

会場の広さは、実際に下見に行けばわかるわけですが、正確な広さを把握するのは意外と難しいんです。
例えば単純に60名の結婚式二次会を予定しているとして、60名入れる広さはどのくらいかわかりますか?
実際に人が入って見ると思ったより狭く感じたりするものです。

適度な広さか判定するコツとしては、
・想定される人数+10名で考える
・10名一塊のイメージで広さを計る
・荷物置き場や高砂のスペースも考慮する
といったところになります。

お店の方はなるべく大人数のパーティーを取りたがる為、広さに関しては曖昧な返答をされる場合も多々あります。
自身の目で見ながら、当日をイメージして、広さは大丈夫か判定してみましょう。

ポイント5 レイアウト

会場がどういう構造になっているのか、レイアウトも大切なポイントです。

レイアウトで確認しておくべきポイントは、
・新郎新婦&ゲストの出入口
・スクリーンの位置
・音響操作位置
・荷物置き場の場所と広さ
・隔離した喫煙所を作れるか
といったところが挙げられます。

高砂の位置やゲストテーブルの配置など、後から自由に変えられるところは気にしなくて構いません。
動かしようのないポイントだけチェックしておき、ゲストや幹事が動きやすいレイアウトか確認しておきましょう。

ポイント6 機材

音響や映像機材が揃っているかも大切なポイントです。

意外にも多いのが、CDプレイヤーが無い会場です。
iPodなどのメモリプレイヤーが繋げれば問題ないのですが、それすら難しい会場もあります。
厳密には、ケーブルを持ち込んで繋げば音楽を流せる場合もありますが、多少の知識が必要になってきます。
音響機材がどうなっているのか、しっかり確認しましょう。

映像機材も同様です。
プロジェクターや大型のモニターのある会場がほとんどですが、全く映像が無い会場もあります。
また、映像機器があった場合も、DVDプレイヤーは無かったり、パソコンを繋げなかったり、状況は様々です。
映像を流す予定がある場合は、何を流したいのか?必要な機材は何なのか?をチェックしておきましょう。

ポイント7 会場スタッフ

最後の7つ目のチェックポイントは会場のスタッフです。
お店自体は雰囲気も良く、広さもOK、機材も揃ってて、料金も問題なし。
そんな場合でも、会場のスタッフがいまいちだった場合は再検討の余地ありです。

会場のスタッフのチェックポイントとしては、
・人柄
・結婚式二次会に慣れているか
・機材に詳しいか
といったところがあり、どれか一つでも欠けると、幹事の負担が増大します。

会場のスタッフについては、下見時にチェックできます。
説明の内容そのものだけでなく、説明の仕方や対応にも目を配っておきましょう。

まとめ

以上が結婚式二次会の会場を予約する前にチェックすべきポイントです。
全て問題なし!というのが理想ですが、100点満点というのはなかなかに難しいもの。
いくつかの会場を見て、チェックしたポイントから、よりベターな会場を予約するようにしましょう。


ページの先頭に戻る