結婚式の二次会プランナー・幹事代行はお任せ下さい

メイン画像

自然な笑顔が溢れる二次会。アットホームなパーティーはレリッシュにおまかせください。
HOME >>結婚式二次会コラム >>事前にしっかりチェック!ご祝儀準備の5つのマナー

事前にしっかりチェック!ご祝儀準備の5つのマナー

ご祝儀にまつわる悩み事

ご祝儀っていくらにすれば良いんだろう?
って悩まれたことありませんか?

軽く考えてると、いざご祝儀を用意するときに…

ご祝儀袋ってどうやって書くんだっけ?
お札の向きって決まってるんだっけ?

など、悩むことって多いんですよね。

そこで知っておきたいご祝儀のマナー5つをご紹介します。

1.金額は奇数が基本

用意するお金は「割れないように」ということで奇数が基本です。
身内以外は3万円を用意することが多いですよね。

ただ、最近では2万円は「ペア」という意味もあるので、2万円もOKとなる場合も多いですし、失礼にならない数字として認識されています。

また、「8」も偶数ですが「末広がり」の縁起の良い意味があるのでOKです。

逆に「4」と「9」は絶対NG!
縁起悪いイメージがありますよね。

2.金額は漢数字で書く

ご祝儀袋に書く金額は漢数字で書きます。

例えば3万円の場合、

金参万円
金参萬円
金参萬圓などと書きます。

金額の後に「也(なり)」は、つけてもつけなくてもどちらでもOKです。

3.ボールペンはNG

表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用しましょう。
ボールペンはNGです。
インクも薄くてはダメ。

日頃からサインペンは常備しておくと良いかもしれません。

4.中に入れるお札は新札

中に入れるお札は新札が望ましいです。

とはいえ、新札はなかなか手元にあるものではありません。
結婚式の出席が決まったら、銀行へ行って新札に変えておきましょう。
結婚式の多い土日は銀行が閉まっているので、早めの行動がカギとなります。

新札の用意は意外と忘れがちなので要注意です。

5.お札の向きは肖像画が上

お札の向きにも作法があります。

お札の表側(肖像画がある方)が中袋の表側に向くように、そして肖像画が上になるようにしてお札を入れます。

ちょっとした事ではありますが、祝福の気持ちを持って、正しい向きでお札を入れましょう。

まとめ

・金額は奇数が基本だけど、2と8は偶数でもOK!
・ご祝儀袋の金額は難しい方の漢数字で書く
・濃く、しっかりと筆ペンで書く ボールペンはNG
・お金は新札で
・お札の向きは肖像画が上で表側に

ご祝儀に関する基本の5つのマナー。 これさえ押さえておけばバッチリです!


ページの先頭に戻る