結婚式の二次会プランナー・幹事代行はお任せ下さい

メイン画像

自然な笑顔が溢れる二次会。アットホームなパーティーはレリッシュにおまかせください。
HOME >>結婚式二次会コラム >>結婚式二次会で司会を任されたとき覚えておきたい5つのポイント。

結婚式二次会で司会を任されたとき覚えておきたい5つのポイント。

結婚式二次会の雰囲気は司会者に左右される

結婚式二次会は司会者が盛り上がりを左右すると言っても過言ではありません。
楽しく盛り上がる会にするためにも、司会をお願いされたら是非成功させたいものですよね。

とは言え、過去に結婚式二次会の司会を行った方からは、
「色々と準備していってもうまく発揮できずに終わってしまった」
「なんだかグダグダな結婚式二次会になってしまった」
といった話がよく聞かれます。

そうならない為に、司会を行う際、覚えておきたい5つのポイントをご紹介します。
初めて司会をする方も、まずはこれらのポイントをチェックしておきましょう。

1.司会者はあくまで進行役

司会を行う上で勘違いしてはいけないこと、それは「主役は新郎新婦とゲスト全員」ということです。

司会として注目を浴びると、ついついはしゃぎ過ぎてしまったり、
緊張して仲間との身内ネタに走ってしまいがちですが、
そうなると、それを見たゲストは置いてけぼりな気分になってしまいます。

上手いことや面白いことをしゃべるよりも、
まずは場の空気感を読みながら、しっかりと結婚式二次会を進行していくことを心がけましょう。

2.台本を作成しておく

「喋るのは得意だからその場の流れで」と、
手ぶらで司会に挑もうと思っていませんか?

喋りながら迷路に迷い込み、挽回しようとさらに喋り続けるうちに場の空気が悪くなり時間も使ってしまう。
それを人は「グダグダになる」と呼びます。

そうなりたくはありませんよね。

台本は要所要所で進行の道しるべとなります。
また、台本を事前に作成する事で、自然と結婚式二次会の全体の流れを掴む事もできます。
シンプルなものでも構わないので、必ず予め作って持っていくようにしましょう。

3.時間を意識する

盛り上がってくると、ついつい余計に時間を使いがちになってしまいます。
前半のイベントの進行が押すと後半のイベントを削らなければいけなかったり、
最悪の場合、会場の延長料金が発生してしまう事にもなりかねません。

結婚式二次会全体の進行をスムーズに進めるためにも、常に時間配分に気を配り、
時間通りにお開きとなるよう意識しましょう。

4.間が空いたときはとりあえず実況

ちょっとした間が空いた時に司会者が何もしゃべらないとゲストは不安を感じてしまうものです。

そんな時は「実況」をするようにします。

例えばケーキ入刀シーンでは、
「イチゴがいっぱいのったおいしそうなケーキです」
「入刀しながら皆様のカメラに笑顔を向けております」などなど、
その場で起こっていることをそのまま伝えているだけですが、
これが意外と重要ですし、司会者の腕の見せどころだったりします。

実況は特に後ろの方にいて、よく見えない人に対して良い効果があります。
見えない人に伝わるように心掛けて実況しましょう。

5.慌てずに笑顔を意識

司会をしていると緊張もありますし、予想外のハプニングが起きたりして、
気づけば強張った表情でオロオロしてしまう、なんてことにもなりがちです。

司会者の表情は雰囲気作りに大きく影響します。
何か起きても司会者が「おっとここでハプニングのようですね」と笑顔で言えれば、
緊迫した雰囲気にならず、ゲストも安心です。

慌てず落ち着いて笑顔で進行しましょう。

まとめ

結婚式二次会の司会は盛り上げなければいけないと思ってしまう方も多いです。
でも、無理に盛り上げるのは逆効果になりがちです。

無理せず、タイムテーブルに沿って、メリハリをもって進行していけば、
結婚式二次会は自然と盛り上がります。

気負わずリラックスして楽しみながら司会を行ってください。


ページの先頭に戻る